withOut EX プレケアエッセンス C

「フェース生コラーゲン」について

ウィズアウトEXは「ラメラ美容法」ができるスキンケアです。

> ラメラ美容法とは

「フェース生コラーゲン」がお肌(※3)に入り、
角質層から美しく、健やかな美肌へ。

美肌のカギとなるコラーゲン
はお肌に入りにくい。

コラーゲンはうるおい、ハリ、弾力、透明感など、美肌のカギとなる重要な成分ですが、その分子量が大きいため、そのままではお肌に入っていかないという弱点があります。

世界初!お肌に入る
フェース生コラーゲンが誕生。

フェースグループはコラーゲンの中でも最も保水力に優れている生コラーゲンをナノカプセルに巻きつけることによって、お肌の中に浸透させるオリジナル成分「フェース生コラーゲン」を(株)L.V.M.C.(※4)と共同で開発。分子量が大きい生コラーゲンをお肌に届けることに成功しました。

「フェース生コラーゲン」が
角質層内のラメラ構造を整える。

フェースグループは「お肌の表面を油膜で保護する」という方法ではなく、「角質層内のラメラ構造を整える」という、お肌を根本から健やかに保つ新しいスキンケア「角質層内ラメラ美容法」を提唱しています。プレケアエッセンス Cは「角質層内ラメラ美容法」の決定版美容液。
お肌に入る「フェース生コラーゲン」とヒアルロン酸(※5)、エラスチン(※6)をトリプル配合。ラメラ構造を整え、お肌に水分をたっぷり抱え込み、透明感のあるハリ肌へと導きます。

「フェース生コラーゲン」に内包させた
ビタミンC配糖体(※7)が、透明感のあるハリ肌へ

角質層内を整え、お肌のハリ・弾力をアップし、乾燥による小ジワを目立たなくします。

特長
・透明感を与える
・ラメラ構造を整える
(環境ダメージからお肌を守る、肌荒れの防止)
・お肌の土台からハリ・弾力UP!
・乾燥による小ジワを目立たなくする
(※8)
(1)1剤エッセンスに2剤ウォーターを全量入れる(2)よく振って溶かす(3)溶解時にビタミンC配糖体がフェース生コラーゲンに内包される
ご使用方法
使用量の目安:適量(1円玉程度)
朝・晩、洗顔やパックの後、適量を手のひらに取り、すばやくお顔全体に広げ、やさしく押しこむようになじませます。さらっとしたら浸透した合図です。気になる部分には重ね付けをしてください。
保管方法
1剤プレケアエッセンス Cを2剤ウォーターで溶解させた後は、必ず冷蔵庫で保管してください。これは配合した生コラーゲンが熱に弱く、保管温度が高いと変性してしまうためです。溶解前は常温で保管してください。

洗顔後すぐに使って角質層内を整える
プレケアという新しい美容習慣

3本セット

1剤 エッセンス:3本 2剤 ウォーター:7.5mL×3本
¥13,000(税抜き)

1本箱

1剤 エッセンス:1本 2剤 ウォーター:7.5mL×1本
¥4,600(税抜き)

ウィズアウトEX プレケアエッセンス C はフリーズドライ(凍結乾燥)させたエッセンスを使用時にウォーターで溶かす、新タイプの美容液。
オリジナル成分「フェース生コラーゲン」が、お肌の美しさを決める角質層内のラメラ構造(※9)を整え、あなたのお肌をすみずみまで美しく、健やかにします。

こだわりの無添加

合成界面活性剤(※10) ・パラベン・フェノキシエタノール・エタノール(※11) ・鉱物油・色素・香料無配合

「カット・ソッド・アッセイ法」通過 活性酸素を発生させない成分を使用

※12「カット・ソッド・アッセイ法」を用いて各成分の自社テストを行っています。この試験方法は、遺伝子操作技術を応用した細胞で、テスト成分が発生させる活性酸素を直接観測する試験方法です。
フェースの商品は、この試験法において活性酸素の発生が観測できなかった成分のみを使用しています。

この方法をご教示くださった、同志社大学名誉教授 西岡 一先生に感謝いたします。

Kat Sod Assay  ※「カット・ソッド・アッセイ法」を通過したマークです。

withOut EXシリーズ withOut EXシリーズ イメージ スキンケア商品一覧へ戻る

●ドラッグストアでのご購入

エステサロンにお越しになれない方はお近くのドラッグストアにて気軽にお求めいただけるラインナップをご用意しています。

取扱店舗

(※1)…うるおい成分:生体リン脂質(水添レシチン)、生コラーゲン(水溶性コラーゲン)、フィトステロールズ
(※2)…うるおい成分:生体リン脂質(水添レシチン)、ゼラチンコラーゲン(水溶性コラーゲン)、加水分解コラーゲン、フィトステロールズ、β‐シトステロール硫酸Na
(※3)…お肌=角質層
(※4)…株式会社L.V.M.C.は、コロイド界面化学において高い技術力を生み出している「東京理科大学総合研究機構・阿部正彦教授」と「東京理科大学理工学部・酒井秀樹教授」を中心に、大手化粧品企業でも研究を重ねてきた東京理科大学出身の博士らで構成されている企業で、肌の仕組みとコロイド界面化学の最新知識をベースに最先端の化粧品研究・開発に取り組んでいます。(出典:「Yahoo!ショッピング」の「L.V.M.C. INC. About L.V.M.C.」のページから抜粋)
(※5)…うるおい成分:ヒアルロン酸(ヒアルロン酸Na)
(※6)…うるおい成分:エラスチン(加水分解エラスチン)
(※7)…整肌成分:ビタミンC配糖体(アスコルビルグルコシド)
(※8)…効能評価試験済み
(※9)…水分と脂質によって構成された角質層の構造
(※10)…親水基・親油基とも石油起源の化合物から成る合成界面活性剤
(※11)…エキス抽出用エタノールを除く